分散投資

投資入門!分散投資とは

投資

投資をする時には、一つだけに集中するのではなく、幾つかのないように分散投資をする事が進められています。利益を上げているならその一本だけでも十分に満足できるかもしれませんが、一転して値下がりなどのアクシデントが発生すると、全ての利益が飛んでしまってマイナスになる事もあるからです。

 

価格の変動はどんな投資商品にも起こりうることですから、いざという時にも耐え得る事ができるように、複数の商品などを選別して投資していくのです。分散できる内容は、商品だけでなく、国内、国外などの地域を分けていくことも重要です。一つの国だけでなくたくさんの国の通貨を組み合わせて利用し、そして短期や長期、積み立ても数年かけていけば平均化されていきますので、時間も分散させていく事で、最終的なリターンを増やしていくのです。

 

様々な分野で分散をさせていくと分かりますが、リスクをかなり低減させる事ができます。ある商品は値下がりしても、別の商品が値上がりしているのであれば、プラスマイナスゼロ、またはプラスになることもあるでしょうし、マイナスになっていても一本集中時より格段にリスクは低いのです。その分、あれこれと投資そのものに相場を気にしてパソコンなどに張り付く必要もないのです。

 

デメリットもある

ただし、分散するとそれだけ管理する商品が増えていくのがネックと言えるでしょう。複数の商品を取り扱っていると、それらを全て自分で管理していくのが大変になります。幾つかの証券口座を利用していれば、なおさらあちこちの口座のチェックをしていくので、慣れていない人には一苦労です。株や投資信託、債権、不動産に外貨など、数多くの商品がありますので、どれがいいのかを考えていくだけでも悩んでしまうかもしれませんが、預貯金も並行して行いながら分散投資を少しずつやっていく事で、段々と投資そのものにも慣れてきます。自分らしいお金の働かせ方を初心者でもやりやすい投資手法と言えるでしょう。


基本に忠実な投資法:FXの豆知識

世の中には様々な投資方法で溢れていますが、中でも最近注目を浴びているのがFXです。一度は聞いたことがある人も多いと思われますが、その仕組みまで把握している人は少ないでしょう。実はあらゆる投資方法の中でも非常に仕組みが単純明快であり、また誰でも始めることが出来るので、まずは超基本的なことから、少しだけ豆知識などを織り混ぜて見ていきましょう。
そもそもFXとは、「外国為替証拠金取引」という意味であり、一見名前だけだと小難しそうな雰囲気にも思えます。しかし、実際は非常にシンプルであり、簡単に述べると、ある通貨の価値が上がるか下がるかを予想して、その為替の変動による損益で売買するというものです。株価の変動によって売買する株式投資と似ていて、FXも為替の変動を軸にするだけなので、初心者でもはじめやすい投資法といえます。また、株価はある日突然価値が変動することがあるので損得がはっきり分かれることが多いですが、国や地域の通貨はというのは、何か革命的なことでも起きない限りは急激に変動することは少ないです。したがって、ただ単純に為替の変動という基本に忠実にしたがっていれば、大きな損になることはないでしょう。

 

FXをはじめるためには、インターネット環境や、それを活用したパソコンやスマートフォン、資金が必要になります。最近では少額からでもはじめられるので、得をしても少ないですが、慣れてくるまではそれを活用すると良いでしょう。どこの業者を介して取引を行うかも大切です。最初は広告などでよく見聞きすることがある有名な業者や、取引にかかる手数料などを考慮すると効果的です。慣れてきたら、金利やスプレッドも考慮できるようになりますが、最初のうちはあまり気にしなくても大丈夫です。

 

最後に、初心者が是非知っておくべき豆知識として、ロスカットを述べていきます。
FXは不動産投資や預金などのように、元本が保証されている投資法ではないため、大きな得をする一方で、大きな損をする可能性もあります。そこで、大抵の業者が備えているロスカットを設定することにより、一定以上の損を回避することができます。