分散投資

不動産投資の特徴

株式投資や為替投資とは異なり、不動産投資は実践している人が少なく情報が集まりにくいのが現状です。しかし、しっかりと勉強して投資を行えば、株式投資や為替投資では得られない利益や経験を得ることが出来るのです。

 

不動産投資の特徴

不動産投資の特徴としてまず挙げられるのは、投資規模です。株式投資や為替投資は数万円から数十万円の資金があれば始めることが出来ますが、不動産投資は自己資金のみで投資するのでれば数千万円の初期資金が必要になります。
これは、株式の銘柄は一株から買えるのに対し、不動産の物件は一件であっても数百万円から数千万円の値付けがされているためです。数百万円の物件を購入する場合であっても全ての資金を一つの物件に投入することは分散投資の観点から見るとリスクが大きいため、資金に余裕を持たせる必要があります。しかし、投資規模が大きいということは投資が成功したときの利益も大きいということです。一回の売買で数千万円の利益を上げられることもあり、投資規模の大きさは不動産投資の特徴であると同時にメリットでもあるのです。

 

二種類の利益化

また、利益を得る方法が二種類あるということも不動産投資の特徴です。物件の購入額と売却額の差額であるキャピタルゲインと賃貸物件として人に貸し出した際の家賃収入であるインカムゲインという二種類があります。
インカムゲインは株式投資における配当収入と似ていますが、不動産投資の場合は毎月にわたって確実に得られるというメリットがあるのです。インカムゲインをメインに不動産投資を行う場合、分散投資としても役立ちます。
確実に収入を得ることが出来るため、インカムゲインがあれば株式や為替でリスクを背負った投資を行うことが可能になります。

 

不動産投資は投資規模や利益を得る方法という面で他の投資とは異なる部分が多くあります。加えて、不動産を売買することはパソコンだけではなく実際に物件を見て、人と会うことが必要になるため、人生経験も得られるのです。